東広島市 個人再生 弁護士 司法書士

借金や債務の相談を東広島市在住の人がするならどこがいいの?

借金をどうにかしたい

借金の額が多くなりすぎて返済がつらい…。
借金を複数抱えているから、債務整理で解決したい…。
もしそう思っているなら、一刻も早く弁護士や司法書士に相談しましょう。
司法書士や弁護士が提案してくれる解決策で、督促がストップしたり、毎月の返済が減額したり、という色々な恩恵を受けられる可能性があります。
昨今ではネットで無料相談ができる法律事務所や法務事務所も沢山あります。
ここでは、それらの中で東広島市にも対応している、オススメの所を紹介しています。
また、東広島市の地元の法務事務所や法律事務所もピックアップしているので、そちらも参考にしてください。
借金問題は、1人ではなかなか解決できません。
司法書士や弁護士の知恵を借り、最善の解決策を探しましょう!

東広島市在住の人が個人再生・借金の相談をするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

東広島市の借金返済・多重債務解決の相談なら、ここがオススメです。
弁護士対応で、しかも全国対応の弁護士事務所です。
初期費用が0円だから、手持ちがなくても安心して相談できます。
代金の支払いは、分割払いもOKです。
弁護士への相談料金はもちろん無料!
借金の取り立てをSTOPすることもできます。
自己破産、過払い金、任意整理、個人再生、など、債務や借金の悩みについて無料で相談することができます。
しかも、相談窓口では365日24時間、いつでも受け付けしてくれます。
フリーダイヤル(電話料0円)で相談受付してくれるので、借金返済で悩んでいる人も今すぐ電話受付をすることが可能です。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今すぐ!電話受付OK!



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(とくに女性にオススメ)
全国対応の、過払い・債務の問題を相談できる司法書士事務所。
任意整理、個人再生、自己破産、などなど、あなたに合ったやり方で多重債務・借金の問題を解決に導きます。
また、過払い金の返還請求は、初期費用0円、取り戻した過払い金から料金を支払えます。
任意整理も、和解成功報酬や減額報酬などは一切取らないので、お得に解決することができます。
債権者数が1〜2件でも対応してくれるのも助かります。
女性スタッフが対応する女性専用の相談窓口も用意されているので、女性の方でも安心して相談できることでしょう。
まずは無料相談から。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はコチラ↑↑
女性スタッフが丁寧に対応する、女性専用・相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はこちら↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

東広島市の方が借金・債務整理の相談をするなら、まずこのサービスもオススメです。
「借金減額シミュレーター」という、ネットを使った借金の診断ツールです。
簡単な質問に答えるだけで、どのようにして借金を減らすかという方法や、月の返済額がいくらになるのかが分かります。
いきなり弁護士や司法書士に直接相談するのは、ちょっと怖い。
そんな方にピッタリです。
しかも無料&匿名で使えます☆
全国対応のサービスなので、東広島市に住んでいる方も安心して利用できます。

◆特徴◆
  • たった3つの質問に答えるだけ!
  • 借金を減額する方法が分かる!
  • 月の返済額がいくらになるのか分かる!
  • 無料・匿名で利用できる!
  • 全国に対応!
あなたの債務・借金の悩み、匿名&無料で診断・相談してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
無料&匿名で、借金の診断・相談を。



弁護士へ相談前の注意



東広島市周辺にある他の司法書士や弁護士の事務所の紹介

東広島市には他にも複数の法務事務所や法律事務所があります。これらも参考にしてみてください。


●あすか(弁護士法人)東広島事務所
広島県東広島市西条栄町10-27
082-493-7100
http://asuka88.jp

●久能司法書士事務所
広島県東広島市三永1丁目10-28J.スクエア2F
082-426-2340

●藤田馥司法書士事務所
広島県東広島市西条昭和町12-7
082-423-9101

●H&C(弁護士法人)東広島事務所
広島県東広島市西条上市町5-5
082-426-5777

●井上盛文司法書士事務所
広島県東広島市西条昭和町12-15-4
082-424-8688

●こたべ司法書士事務所
広島県東広島市西条昭和町17-21
082-490-5115

●片山昭臣司法書士事務所
広島県東広島市西条中央5丁目9-41
082-423-0017

●ひがし広島法律相談センター
広島県東広島市西条西本町28-6
082-421-0021

●井町良治司法書士事務所
広島県東広島市西条昭和町13-34
082-431-0263

●上田邦子司法書士事務所
広島県東広島市西条昭和町12-7昭和ビル2F
082-422-0737

●渡邉事務所(司法書士法人)
広島県東広島市西条朝日町5-52
082-422-9001

●ひぐち合同事務所
広島県東広島市八本松東3丁目29-5
082-428-4518
http://higuchi-godo.com

●東広島総合法律事務所
広島県東広島市西条朝日町13-28中井ビル1F
082-431-3631

地元東広島市の法務事務所や法律事務所に行き、直接相談するのもアリだと思います。
ですが、インターネットでの無料相談や「診断シミュレーター」の方が、気負わずに相談できるという方も多いのではないでしょうか。

東広島市在住で借金返済や多重債務に参っている場合

クレジットカードの分割払いや消費者金融などは、とても高利な金利が付きます。
15%〜20%もの金利を払うことになります。
住宅ローンの利子は0.6%〜4%(年)ほど、車のローンの金利も1.2%〜5%(年間)ぐらいなので、ものすごい差があります。
しかも、「利息制限法」ではなく「出資法」をもとに金利を設定している消費者金融だと、利子がなんと0.29などの高利な金利を取っていることもあります。
非常に高額な金利を払いながらも、借金は増える一方。
借金をしたのは自己責任なので仕方ありませんが、金額が大きくて高利な金利となると、完済は辛いものでしょう。
どう返せばいいか、もうなんにも思い付かないのなら、法律事務所・法務事務所に相談すべきです。
司法書士や弁護士なら、借金返済の解決策をきっと考え出してくれるでしょう。
長期計画での返済になるかもしれないですし、過払い金返還で返さなければいけない金額が減額するかもしれません。
まずは相談、これが解決のための第一歩です。

東広島市/債務整理のデメリットはどんなものか|個人再生

債務整理にも色んな進め方があり、任意でやみ金業者と話し合いする任意整理と、裁判所を通じた法的整理の自己破産、個人再生などの類が有ります。
じゃあ、これらの手続につきどういった債務整理のデメリットがあるでしょうか。
これらの3つの手法に共通して言える債務整理デメリットと言うと、信用情報にそれらの手続きをやった事が掲載されてしまうという点です。俗にブラック・リストと呼ばれる情況です。
そしたら、おおむね5年〜7年くらいの間は、ローンカードがつくれず借り入れができなくなるでしょう。だけど、あなたは返金に苦しみ悩んでこれ等の手続をおこなう訳だから、もう暫くは借り入れしないほうがよいのではないでしょうか。じゃローンカード依存にはまり込んでいる人は、むしろ借り入れが不可能になる事によって出来なくなる事で救済されるのではないかと思われます。
次に自己破産または個人再生の債務整理の不利な点ですが、官報にこの手続をやったことが掲載される点が上げられるでしょう。けれども、あなたは官報など視た事が有るでしょうか。むしろ、「官報ってどんな物」という方の方が殆どではないでしょうか。
実は、官報は国がつくるする新聞に似たような物ですけれども、金融業者などの一定の方しか目にしません。ですので、「自己破産の事実が近所の方に広まる」等という事はまずもってありません。
終わりに、破産独特の債務整理の欠点ですが、一遍自己破産すると7年間、再度破産出来ません。これは留意して、2度と自己破産しなくても済む様に心がけましょう。

東広島市|自己破産に潜むリスクとは?/個人再生

はっきし言えば世間で言われる程自己破産のリスクはそんなに多くないのです。土地、マイホーム、高価な車など高価格の物件は処分されるが、生きるなかで必ずいるものは処分されないです。
また二十万円以下の貯蓄は持っていても問題ないのです。それと当面の間数か月分の生活するために必要な費用100万円未満ならとられる事はないのです。
官報に破産者のリストとして載るがこれも極一定の方しか見ないのです。
またいわばブラックリストに載ってしまい7年間位の間キャッシング又はローンが使用出来ない状況になるでしょうが、これは仕様がないことなのです。
あと決められた職種に就職できないと言う事もあるのです。ですがこれもごくわずかな限られた範囲の職種です。
だから債務超過で返すことが出来ない借金を抱え込んでいるのなら自己破産をすると言うのも1つの手段でしょう。自己破産を進めた場合今日までの借金がすべてゼロになり、新規に人生をスタートできると言う事で利点の方がより大きいと思われます。
また自己破産者は公法上の資格制限とし税理士・公認会計士・弁護士・司法書士等の資格は無くなるのです。私法上の資格制限として保証人や遺言執行者や後見人にもなれないです。また会社の取締役等にもなれないでしょう。ですがこれらのリスクはさほど関係が無い時が多いのじゃないでしょうか。リスクは余り大きなものでは無いはずです。

関連ページの紹介